社長ご挨拶|株式会社梅かま

社長ご挨拶

富山県内最大手

当社は魚肉を原料とする「かまぼこ」を作っておりますが、全国各地でかまぼこが生産され、昭50~55年頃の最盛期には全国で3,000社以上、約100万トンが生産されておりましたが、ほとんどのかまぼこ屋さんの業態は10人以下の家内企業であり、後継者不足や大手水産会社の参入、また外国等で生産が盛んになるにつれて、主原料である冷凍スリミの高騰等で、対応仕切れず廃業された方も多く、平成22年現在約1,200社、約60万トン近くに半減しているものと思われます。

当社の位置は製造規模で全国ランク約45位、一応富山県内40社中最大手で渦巻かまぼこ、細工かまぼこ、ケアフード、魚醤(調味料)等製造致しております。

これらのかまぼこは県外のものと異なり板付く、昆布を利用して巻き上げたり、赤皮シートを作り昆布同様に巻き上げ蒸したものや、また細工かまぼこのデコレーション技術は高く、その製法は富山独特のものであります。

当社の歴史

当社は1942年(昭和17年)に富山市の明治、大正期よりかまぼこ作りを営んでいた個人商店が国の政策により合同、当時陸軍省に携行用乾燥蒲鉾を納入、終戦から昭和44年まで市の中心地八人町で、昭和44年~平成7年2月まで問屋センターにて生産、平成7年3月に当地水橋団地に新設移転、同時に見学ホールUーmei館を開設致しました。

  • 敷地面積 12,033㎡
  • 延床面積 5,660㎡
  • 日産最大能力 7.0t 約50,000本
  • 日産平均生産高 3.5t 約30,000本
  • 年間生産高 1,200t 約10,000,000本
  • 売上高 10億5,000万円
  • 資本金 6,000万円
  • 従業員 85名

かまぼこが初めて日本の文献にあらわれたのが、平安時代(1,115年)であり江戸時代の末期にはその製法が完成されていたものと思われます。当見学ホールU-mei館では明治大正時代の製法や様子を人形にて、またビデオやパネルにて当時の結婚式のお料理かまぼこを再現してあります。

ここにあります石臼や杵は約70-80年前のもので、石臼は土に半分埋め、周りから杵でついて使用したものであり、富山に現存はこれ一組のみと思われます。

原料は昔は近海のもの(アジ、ニギス、カマス、ヒラメ 、マダラ)を使用しましたが、 鉄道の開通と共に以西底引のグチや北海道よりホッケが主流となり、昭和40年頃に冷凍スリ身が開発され、現在ではアメリカやロシアよりスケソウダラ、アルゼンチンより南ダラ、ニュージーランドよりホキ、マレーシアよりグチ、タイ国よりキントキダイやイトヨリダイが冷凍すり身となって日本に入ってきます。

当社の取組み

弊社ではそれらの輸入冷凍スリ身と富山県の特徴と味を吟味するため、トビ魚やシイラ、ニギス等近海ものを混合して使用し、より一層の美味しさを追求しております。

弊社では産、官、学共同研究事業として魚醤油を開発、蒲鉾への天然調味料として使用、安全、安心の商品作りに取り組んでいるところであります。

また、高齢者を対象とした介護用蒲鉾、ケアフード「メルティ」を共同開発し販売の裾野を広げております。

新分野として昆布エキスから美容液LIFTYモイスチャージェルを開発、姉妹品のミルキークリーム、スキンピュアラソープとともに発売を開始いたしました。

梅かまのこと
社長ごあいさつ
会社概要/交通・アクセス
沿革
受賞歴
メディア紹介
採用情報
TOP